A・シルヴァ、リーガデビュー戦でハットトリック達成…21世紀初の快挙

A・シルヴァ、リーガデビュー戦でハットトリック達成…21世紀初の快挙

今夏にミランからセビージャへ移籍したA・シルヴァ [写真]=AMA/Getty Images

 今夏にミランからセビージャへ加入したポルトガル代表FWアンドレ・シルヴァが、19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節のラージョ・バジェカーノ戦で偉大な記録を樹立した。

 セビージャは同試合でラージョ・バジェカーノに4−1で快勝した。スタメン出場したA・シルヴァは31分と前半アディショナルタイムにゴールを挙げると、79分にもイタリア人MFフランコ・バスケスの浮き玉パスに抜け出し、左足でネットを揺らす。一度はオフサイドの判定でゴールが取り消されるも、今季から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で判定が覆り、ハットトリックを記録した。データ会社『Opta』によると、A・シルヴァは21世紀のリーガ・エスパニョーラで初となる、デビュー戦でハットトリックを決めた選手になったという。19日付のスペイン紙『マルカ』によると、前回リーガ・エスパニョーラのデビュー戦でハットトリックを記録したのは25年前まで遡るようだ。1993−94シーズンに当時バルセロナでプレーしていた元ブラジル代表FWロマーリオ氏が記録して以来の快挙だと伝えられている。

 また、A・シルヴァはミランでプレーしていた昨シーズンにセリエAで24試合出場2得点を記録したが、この1試合のハットトリックで早くも昨季のリーグ戦での得点数を超えることとなった。

関連記事(外部サイト)