ヘタフェ相手に2ゴールで勝利…アセンシオ「良いスタートを切れた」

ヘタフェ相手に2ゴールで勝利…アセンシオ「良いスタートを切れた」

1アシストを記録したアセンシオ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第1節が19日に行われ、レアル・マドリードがヘタフェを2−0で下した。試合後、スペイン代表MFマルコ・アセンシオがインタビューに応えた。同日付のスペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えている。

 まず、アセンシオは試合を振り返り「いい内容で試合に勝つことが重要だった。今日の僕らは素晴らしい試合ができたと思っている。良いスタートを切れたね」と話した。

 続けて、アセンシオは15日に行われたUEFAスーパーカップのアトレティコ・マドリード戦にも言及。同試合での敗北を忘れ、チームとして前を向く必要があると主張した。

「確かにスーパーカップは褒められる出来ではなかった。けれども、それはもう終わったことだ。僕たちは切り替える必要があるし、高いモチベーションを保って新しいシーズンを戦い抜かなければならない」

 最後に、アセンシオは今後新戦力が加入する可能性について問われ「移籍市場での出来事を僕に聞かれても分からない。会長や監督が判断することだ。僕たちは何の権限も持っていない」とコメントした。

関連記事(外部サイト)