独代表ヴェルナーにレアルが関心…ライプツィヒ指揮官は「移籍はない」

独代表ヴェルナーにレアルが関心…ライプツィヒ指揮官は「移籍はない」

ロシアW杯に出場したヴェルナー [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーに関心を示しているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が、スペイン紙『マルカ』の報道を引用して伝えている。

 同誌によると、レアル・マドリードがヴェルナーへ関心を示していると『マルカ』が報道。しかし、ライプツィヒのラルフ・ラングニック監督兼SD(スポーツディレクター)は、同選手の移籍について「全く考えていない」と完全否定したという。

「ティモ自身が我々に対しても伝えていることだが、これまでのインタビューの中でも、今シーズンはライプツィヒでプレーということを示している。さらに来シーズンから就任するユリアン・ナーゲルスマン監督の下でも、少なくとも1年はプレーすることを望んでいると口にしているよ」

 報道によれば、ライプツィヒとしてはヴェルナーの放出よりもむしろ「契約の延長について取り組んでいるところ」とのこと。代理人との交渉が本格化することになるようだ。

 ヴェルナーは1996年生まれの22歳。2016年夏にシュトゥットガルトからライプツィヒに移籍した。昨シーズンはブンデスリーガで32試合出場13得点を記録。昨年のFIFAコンフェデレーションズカップ ロシアでは3得点2アシストの活躍で優勝に貢献し、2018 FIFAワールドカップ ロシアにも出場している。

関連記事(外部サイト)