開幕スタメンを勝ち取ったレアルMFセバージョス「この上なく幸せ」

開幕スタメンを勝ち取ったレアルMFセバージョス「この上なく幸せ」

ヘタフェ戦にスタメン出場したセバージョス [写真]=Quality Sport Images/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第1節が19日に行われ、レアル・マドリードがヘタフェを2−0で下した。同試合にスタメン出場したスペイン人MFダニ・セバージョスが、ジネディーヌ・ジダン前監督と今シーズンの起用法について語った。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 セバージョスは昨シーズン開幕前にレアル・マドリードへ加入したものの、リーガ・エスパニョーラでは12試合の出場にとどまっていた。セバージョスは、昨季まで監督を務めていたジダン監督についてコメント。多くの出場機会を得られなかったことは悔しかったが、ジダン監督に対しては不満がないことを明らかにした。

「ジダンに不平を言うつもりはない。彼は僕を大きく成長させてくれたからね。でも、プレーして自信を得る機会が1年間を通してほとんどなかったことは辛かったよ」

 続けて、セバージョスは開幕スタメンを勝ち取ったことへの喜びも語っている。

「僕は自分自身のハードワークでこのチャンスを得たと思っている。とても嬉しいし、この上なく幸せなことだよ」

関連記事(外部サイト)