東京V、澤井直人がフランス2部へ期限付き移籍「もう一度ヴェルディのために」

東京V、澤井直人がフランス2部へ期限付き移籍「もう一度ヴェルディのために」

ACアジャクシオへの期限付き移籍が決まった澤井直人 [写真]=J.LEAGUE

 東京ヴェルディは20日、MF澤井直人がフランスのリーグ・ドゥ(2部)に所属するACアジャクシオへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年8月17日から2019年6月30日までとなっている。

 期限付き移籍に際し、澤井は東京Vのクラブ公式サイトでコメントを発表している。

「この度、ACアジャクシオに期限付き移籍することになりました。このチャンスをくれたクラブの方々、支えてくれている方々、そしていつも応援していただいているサポーターの皆様に本当に感謝しています。昨年、アキレス腱断裂をした時に、常に僕のことを励ましてくれたことを忘れることはできません。ただ今シーズンはピッチ活躍して恩返しするということができず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう一度ヴェルディのために戦える選手になれるように成長し、自分自身の目標に向かって挑戦してきます。これからも応援よろしくお願いします」

 澤井は1995年4月3日生まれの現在23歳。東京Vの下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユース、ユースを経て2014年にトップチームへ昇格した。今季の明治安田生命J2リーグでは4試合に出場している。

 東京VとACアジャクシオは2018年5月にスポーツ面、経済面、文化面の3つの分野で業務提携を締結しており、アカデミーでの選手育成や女子チーム強化の情報共有など様々な取り組みを行っていた。

関連記事(外部サイト)