CL決勝で痛恨ミスのGKカリウス、トルコ移籍目前か…ベシクタシュが獲得に関心

CL決勝で痛恨ミスのGKカリウス、トルコ移籍目前か…ベシクタシュが獲得に関心

リヴァプール退団が濃厚とされているカリウス [写真]=Getty Images

 ベシクタシュはリヴァプールに所属するドイツ人GKロリス・カリウスの獲得に関心を示している。20日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 カリウスは昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で二度に渡って失点に繋がるミスを犯し、多くのファンやサッカーメディアから批判を受けた。ユルゲン・クロップ監督はカリウスの擁護に回ったものの、出場機会獲得は約束できないなどと、厳しいコメントも残していた。

 クロップ監督は、カリウスのシーズン開幕前に行われた親善試合やトレーニング中のパフォーマンスに懸念を抱き、ブラジル代表GKアリソンを獲得した。これを受けて、複数メディアによりカリウスのリヴァプール退団が噂されるようになった。

 一方、ベルギー代表GKシモン・ミニョレはクラブを退団しないという。クロップ監督はカリウスかミニョレのいずれかを第2GKとしての残留を望んでおり、カリウスのベシクタシュ移籍を受けて、ミニョレはクラブに残る模様だ。

関連記事(外部サイト)