ナチョ、開幕戦で3年連続得点のベイルへ「ロナウドの道を進む必要はない」

ナチョ、開幕戦で3年連続得点のベイルへ「ロナウドの道を進む必要はない」

チームの2得点目を記録したベイル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは19日、リーガエスパニョーラ第1節でヘタフェと対戦。スペイン代表DFダニエル・カルバハルとウェールズ代表FWギャレス・ベイルの得点で2−0と勝利した。試合後に公式HPにて選手たちのコメントが掲載した。

 サンティアゴ・ベルナベウで迎えた開幕戦を2−0と勝利したレアル。2点目のゴールを決めたベイルは試合後に「手応えを感じている」とコメント。2016−17シーズンから3年連続で開幕戦に得点を決めているベイルだが「ゴールを決めたけど、最も大事なのは勝利したこと。そしてチームとして成長し続けることだ」と、チームに貢献することを一番に語った。

 そんなベイルについてスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスは「彼はロナウドの道を歩み続ける必要はない」と話した。続けて「彼はここで一時代を築いたからね。僕たちにとって非常に重要な選手だし、誰にも何も示す必要などないんだ」と語り、今シーズンからユヴェントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを引き合いにコメントした。さらに「彼にはみんなの信頼があるし、間違いなく非常にいいパフォーマンスをしてくれる。僕たちにはとてもいいFWが揃っているよ」と称賛している。

関連記事(外部サイト)