ヤングなでしこが初のU20W決勝進出! 植木&遠藤弾でイングランドを下す

ヤングなでしこが初のU20W決勝進出! 植木&遠藤弾でイングランドを下す

史上初の決勝進出を果たしたヤングなでしこ [写真]=Getty Images

 2018 FIFA U−20女子ワールドカップ フランスの準決勝が20日に行われ、U−20女子日本代表(ヤングなでしこ)がU−20女子イングランド代表を2−0で下した。

 先に試合を動かしたのはヤングなでしこだった。22分、遠藤純のパスをペナルティエリア内で受けた植木理子が、ワントラップから持ち出すと右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、先制に成功する。3試合連続弾の植木は得点ランキングトップに並ぶ今大会5点目となった。

 さらに27分、宮澤ひなたが中盤から放ったミドルシュートがクロスバーに直撃すると、跳ね返ったボールを遠藤が頭で押し込み、わずか5分でヤングなでしこが追加点を挙げる。前半はこのままヤングなでしこの2点リードで折り返した。

 後半に入りイングランドは、右サイドからの攻撃を中心にロングパスを織り交ぜながら反撃をみせるが、ヤングなでしこが決定的な場面を作らせない。

 ヤングなでしこは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のイングランドの攻撃も封じ込め、試合はこのまま2−0で終了。

 ヤングなでしこが、グループステージから無敗で勝ち上がってきたイングランドを破り、史上初の決勝進出を果たした。一方のイングランドは3位決定戦に回ることとなった。決勝の対戦相手は20日26時30分から行われるU−20女子フランス代表対U−20女子スペイン代表の一戦で決定する。決勝戦は24日26時30分、3位決定戦は24日23時から行われる。

【スコア】
U−20女子イングランド代表 0−2 U−20女子日本代表

【得点者】
U−20女子日本代表: 植木理子(22分)、遠藤純(27分)

【スターティングメンバー】
U−20女子イングランド代表(4−3−3)
マクレバー;パッテン、パチェコ、フィスク、フィニガン;ローズ、スタンウェイ、ペップロウ;ルッソ(67分 ババジデ)、ヘンプ、ケリー(67分 チャールズ)

U−20女子日本代表(4ー4ー2)
スタンボー華;高平美憂(57分 北村菜々美)、南萌華、高橋はな、宮川麻都(90+1分 牛島理子);林穂之香、宮澤ひなた、長野風花、遠藤純;宝田沙織、植木理子(83分 村岡真実)

関連記事(外部サイト)