ユーヴェと契約解除のマルキージオ…スペイン、フランスが新天地候補か

ユーヴェと契約解除のマルキージオ…スペイン、フランスが新天地候補か

去就に注目が集まっているマルキージオ [写真]=Juventus FC/Getty Images

 ユヴェントスとの契約解除が今月17日に発表された元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオについて、イタリア紙『トゥットスポルト』が新天地候補を列挙している。

 マンチェスター・CやJリーグのクラブも移籍先候補として報じられているマルキージオだが、今回の報道ではスペインとフランスが新天地として挙げられている。スペインではアトレティコ・マドリード、セビージャ、日本代表MF乾貴士のベティス、フランスではニースとモナコが候補として報じられた。

 とりわけフランスの2クラブはすでにマルキージオ獲得への動きを見せているようで、近日中にも接触を図るのではないかと報じられている。果たして、新天地はどのクラブになるだろうか。

 現在32歳のマルキージオはユヴェントスの育成組織出身。エンポリへレンタル移籍で加入した2007−08シーズンを除き、ユヴェントスに計25年間に渡って所属した。公式戦通算389試合出場はクラブ史上18番目の記録。またイタリア・スーパーカップを3回、コッパ・イタリアを4回制し、7シーズン連続でセリエA制覇を果たした。昨シーズンはセリエAで15試合出場と加入以来最少の記録に終わり、契約解除が発表された。

関連記事(外部サイト)