試合中の心肺停止から約1年…アヤックスの若手MF、昏睡から目を覚ます

試合中に心肺停止したオランダ・アヤックスの若手MFが、昏睡から約1年で目を覚ます

記事まとめ

  • アヤックスの元U−19オランダ代表MFは、17年に試合中の心肺停止で昏睡状態となった
  • そのMFが目を覚まし、口と眉の動きである種のコミュニケーションが取れるらしい
  • しかし、肉体は衰えており、自分で体を動かすことはできず頭しか動かせないという

試合中の心肺停止から約1年…アヤックスの若手MF、昏睡から目を覚ます

試合中の心肺停止から約1年…アヤックスの若手MF、昏睡から目を覚ます

ブレーメン戦、倒れる前のヌーリ氏 [写真]=Getty Images

 現在21歳のアヤックスの元U−19オランダ代表MFアブドゥルハーク・ヌーリ氏が、昏睡状態から目を覚ましたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数のメディアが21日に伝えている。

 オランダの名門アヤックスに所属していたヌーリ氏は2017年7月に行われたブレーメンとのプレシーズンマッチ中にプレーと関係のないところでピッチに倒れこみ、意識を失った。

 その後、病院へ搬送され心肺停止になりながらも一命は取り留めたが、結果として脳に深刻な損傷を残し、昏睡状態に。クラブは後日「プレー復帰は不可能とみられる」と発表していた。

 オランダのメディアに対応したヌーリ氏の家族は、1年以上の昏睡期間を経た同氏の現状を報告。兄アブデラヒム氏は、「過去と比較すると、現時点ではうまくいっている」と話し始めると次のようにヌーリ氏の状態を明かした。

「神経の状態は数カ月前より良くなっている。肉体的に衰え、自分で体を動かすことはできず、頭しか動かせない」

「昏睡状態にあった時は目を閉じていたが、徐々に目を覚ましてきた。今は口と眉の動きである種のコミュニケーションが取れている」

「完全な回復が達成できるという希望を諦めることはない」

 ヌーリはアヤックスの下部組織で才覚を発揮し始めると、2016−17シーズンにはセカンドチームの年間最優秀選手に選出。若手有望株と期待され、トップチームでも本格的にプレーを開始しようとしていた矢先の事故だった。

関連記事(外部サイト)