リーガ初戦をドローに終えたアトレティコ、グリーズマン「勝てた試合だった」

リーガ初戦をドローに終えたアトレティコ、グリーズマン「勝てた試合だった」

引き分けに終わったバレンシア戦を振り返ったグリーズマン[写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、20日に行われたリーガ・エスパニョーラ開幕戦のバレンシア戦後インタビューに応じた。21日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同試合で、先制点をアシストしたグリーズマンだが、その後アトレティコ・マドリードはバレンシアに追いつかれ、1−1の引き分けに終わった。グリーズマンは「前半は良いプレーをし、後半20分までは上手くいった。しかし、その後は少し秩序を失ってしまった。これから試合を見返して、改善していく必要がある」と試合を振り返った。

 アトレティコ・マドリードは、バルセロナとレアル・マドリードとのタイトル争いが予想されているが、すでに勝ち点差は2になっている。同選手は「去年から成長したいと思っている。どれくらい成長できるかは見てみよう。僕たちは全ての試合に勝つことを望んでいる」と今シーズンの意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)