元伊代表GKゾフ氏「今年のユーヴェはレアルより優れている」

元伊代表GKゾフ氏「今年のユーヴェはレアルより優れている」

開幕戦を勝利で飾ったユヴェントス [写真]=Getty Images

 元イタリア代表GKで同代表監督も務め、ユヴェントスに在籍したディノ・ゾフ氏が同クラブについてコメントした。21日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 ゾフ氏は「ユヴェントスはレアル・マドリードと比べて技術が劣っているわけでも、弱いわけでもない。今年のユヴェントスは、レアル・マドリーよりも優れている。なぜなら彼らは素晴らしい中盤を持っているからだ。実際に試合に勝つかどうかは状況によるが、理論上ではレアル・マドリードより劣っているとは思わない」とコメントした。

 また、セリエA第1節が18日に行われ、キエーヴォを3−2で下した試合では、今夏から加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがリーグ戦デビューを果たした。これについてゾフ氏は「C・ロナウドがプレーする方法に問題はない。(マッシミリアーノ・)アッレグリ監督は、その時々において様々な解決策を持っている」とC・ロナウドがセリエAでプレーすることに問題はないと言及した。

関連記事(外部サイト)