インテルのスパレッティ監督、審判への侮辱で約127万円の罰金処分へ

インテルのスパレッティ監督、審判への侮辱で約127万円の罰金処分へ

罰金処分を科されたスパレッティ監督 [写真]= Getty Images

 インテルのルチアーノ・スパレッティ監督はセリエAから罰金処分を科されている。公式発表によると、1万ユーロ(約127万円)の罰金処分を科されたようだ。

 インテルは19日に行われたセリエA第1節・サッスオーロ戦でFWドメニコ・ベラルディのPKによる失点を喫し、0−1で敗れている。この試合後にスパレッティ監督は審判団に対して攻撃的な言葉を浴びせていたことが判明。審判団への侮辱として処分を下されたようだ。

 スパレッティ監督はこの開幕戦での敗因について、試合後の記者会見でPK献上による流れの変化を強調している。チャンピオンズリーグの舞台に復帰し、大型補強を敢行したインテルにとって手痛い敗戦となった。

関連記事(外部サイト)