モウリーニョ、マンU幹部とマルシャル売却を巡り破局? 関係は「最悪」

モウリーニョ、マンU幹部とマルシャル売却を巡り破局? 関係は「最悪」

アントニー・マルシャル(右)はブライトン戦に出場した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督はフランス人FWアントニー・マルシャルの売却を同クラブの幹部らに要求した。22日にイギリス紙『スター』が報じている。

 モウリーニョ監督はマルシャルの実力はマンチェスター・Uの目指すレベルに達していないと、同選手に対して厳しいコメントを残した。同監督はマルシャルを売却して、1月の移籍市場に向けての軍資金調達を狙っているとのこと。

 しかし、マンチェスター・Uの幹部らはモウリーニョ監督の要求に応じることはできないと反論し、マルシャルの起用法方を見直すように命じた模様。これにより、同クラブとモウリーニョ監督の関係はさらに悪化してしまった恐れがあるという。

 同紙によると、モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバに関する問題で既にクラブ側との関係は良好なものではなかったという。それに加えてマルシャル売却問題が発生してしまったため、両者の関係性は過去最悪である可能性が高い模様だ。

 モウリーニョ監督のマンチェスター・U政権もそう長くはないとの見解を示すメディアも少なくない。

関連記事(外部サイト)