ムスタフィが新加入レノを絶賛「現代GKに必要なものは全て持っている」

ムスタフィが新加入レノを絶賛「現代GKに必要なものは全て持っている」

(左)レノを称賛した(右)ムスタフィ [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィが、今夏同クラブに加入したドイツ人GKベルント・レノを絶賛した。22日、イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

 レノは今夏、レヴァークーゼンから1900万ポンド(約27億円)の移籍金でアーセナルに加入した。幼い頃からレノと一緒にプレーしてきたムスタフィは、同選手について次のように称賛した。

「僕はベルントについてよく知っている。U−15ドイツ代表で一緒にプレーした時からの長い付き合いなんだ。彼は素晴らしいGKだ。足元も上手く、セービングもいいし、性格もいい。現代GKに必要なものは全て持っていると思う」

 チームメイトに絶賛されたレノだが、プレミアリーグ第1節のマンチェスター・C戦と第2節のチェルシー戦では、元チェコ代表GKペトル・チェフが先発出場を果たしており、レノがアーセナルでの定位置を掴むためにはチェフとのポジション争いを制する必要がある。

 公式戦デビューのチャンスを待つレノについてムスタフィは、このような競争は選手にとって重要だと語った。

「他の選手との競争は自分を次のレベルに引き上げるために必要なことだ。もし、競争相手がいなくて毎週スタメンに名を連ねていたら、それは自分の質を少し下げてしまうことにもなる。競争相手がいれば、毎週努力を重ねて、より良くなるための改善を続けていくことができる」

 アーセナルは次節、25日にホームでウェストハムと対戦する。

関連記事(外部サイト)