レスターFWヴァーディが退場を謝罪「間違った選択をしてしまった」

レスターFWヴァーディが退場を謝罪「間違った選択をしてしまった」

ウルヴァーハンプトン戦で一発退場となったヴァーディ [写真]=Getty Images

 レスターに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが22日、自身のインスタグラムを更新し、ファンに向けてメッセージを綴った。

 ヴァーディは18日に行われたプレミアリーグ第2節のウルヴァーハンプトン戦に先発出場したものの、2点リードで迎えた66分に激しいタックルを浴びせたことで、一発退場の判定が下され、3試合の出場停止処分を受けた。

 同試合はレスターがリードを守り切り2−0で勝利したが、ヴァーディは自身のインスタグラムで、「時々、僕たちは瞬間的に間違った選択をしてしまうことがある。ほんのちょっとのことで試合を変えてしまうこともある。学んで、前に進むよ」と謝罪した。

 次節は25日にアウェイでサウサンプトンと対戦するレスター。エースの出場停止により、開幕から2試合連続でベンチ外となっている日本代表FW岡崎慎司がメンバー入りする可能性もあり、サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也との日本人対決が実現する可能性が高まっている。

関連記事(外部サイト)