フレッジ、マンU移籍決断に関係した人物を明かす「一緒に決めた」

フレッジ、マンU移籍決断に関係した人物を明かす「一緒に決めた」

今夏マンチェスター・Uに加入したフレッジ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するブラジル代表MFフレッジが、元同代表MFジウベルト・シウバ氏から大きく影響を受けていると語った。22日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今夏、シャフタールから移籍金5200万ポンド(約76億円)でマンチェスター・Uに加入したフレッジ。アーセナルで2003−04シーズンにリーグ無敗優勝を達成した元ブラジル代表MFジウベルト・シウバ氏の助言が、移籍の決断に大きく影響を与えたことを明かした。

「アーセナルでプレーしたジウベルトは最高のMFだった。でも、彼はイングランドでとてつもなく大きなクラブであるマンチェスター・Uにも大きな敬意を抱いている」

「彼はこのクラブをとても称賛していたし、ジョゼ・モウリーニョや他のクラブOBと話す機会が与えられた後、僕たちは一緒にここに来ることを決めたんだ。移籍することの方がいいと僕たちは決断したからね」

「ジウベルトは最高で、たくさんのアドバイスを僕にくれる。彼は僕と同じポジションでプレーしていたし、プレミアリーグ制覇も経験している。だから、彼からインスピレーションを受けているし、彼が言うことには耳を傾けているんだ」

関連記事(外部サイト)