クロップ監督、同国出身のエジルを擁護…代表引退は「馬鹿げた話」

クロップ監督、同国出身のエジルを擁護…代表引退は「馬鹿げた話」

エジルはドイツ代表を引退した [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、元ドイツ代表MFメスト・エジルの代表引退についてコメントを残した。23日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 エジルは2018 FIFA ワールドカップ ロシアに挑むドイツ代表に選出されていたが、チームと共に結果を残すことができず驚きのグループステージ敗退となった。一部メディアにより、敗因がエジルに押し付けられる場面もあった。

 同選手はトルコ系の背景を持ち、ドイツ国内では差別的な批判を食らうことも少なくなかったという。これが原因でエジルは代表引退を宣言した。

 同じくドイツ出身のクロップ監督は、エジルの代表引退について次のように語った。

「エジルの代表引退は政治的問題がスポーツに入り混じってしまった例の一つだ。これは本当に馬鹿げた話であり、このような形であってはならない」

「彼はとても良い選手であり、一部の関係者やメディアに批判を食らったとしても気にするような人ではない。みんなエジルをそっとしておいてあげるべきだ」

関連記事(外部サイト)