長友の同僚ゴミス、サウジのアル・ヒラルへ移籍…昨季トルコ1部得点王

長友の同僚ゴミス、サウジのアル・ヒラルへ移籍…昨季トルコ1部得点王

昨季、トルコ1部で得点王に輝いたFWゴミス [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 日本代表DF長友佑都のガラタサライに所属する元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスが、サウジアラビアのアル・ヒラルに加入することが決まった。両クラブが23日に発表している。

 ゴミスは1985年生まれの33歳。サンテティエンヌの下部組織出身で、2004年にトップチームへ昇格した。2005年にはトロワへのレンタル移籍も経験し、2009年から2014年までリヨンでプレーした。2014年夏にはスウォンジーへ加入し、2016−17シーズンにはマルセイユでもプレー。昨年夏にガラタサライへ完全移籍で加入し、3年契約を締結した。

 フランス代表としても2013年までプレーし、ユーロ2008にも出場しているゴミス。昨シーズンはスュペル・リグ(トルコ1部リーグ)で33試合出場29得点を挙げ、得点王に輝いた。

 アル・ヒラルの発表によると、ゴミスとの契約期間は2年間で、1年の延長オプションが盛り込まれている。同クラブは今月8日、UAE(アラブ首長国連邦)のアル・アインに所属する同国代表MFオマル・アブドゥッラフマーンも獲得。積極的な選手補強を行っている。

関連記事(外部サイト)