「ここにいるうちに俺のプレーを楽しんでおけ」…イブラが豪快に言い放つ

「ここにいるうちに俺のプレーを楽しんでおけ」…イブラが豪快に言い放つ

ロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、現在の心境などについてコメントした。“イブラ節”も炸裂している。

 イブラヒモヴィッチは、10月には37歳を迎える。現役引退もちらつき始めているが、同選手は「先のことは分からない。今はまだ自分が生きていると感じている」と話すにとどまった。2017年に負ったひざのケガはもう問題ないようで、「負傷したことはもうみんな忘れている。3カ月後にはまだ元気な姿を見せることができたからだ。ここに来て2分で見せられた」と語っている。

 また、同選手はロサンゼルス・ギャラクシーでのプレーに充実感を抱いている模様だ。「今は心地よく感じているし、ここで満足している。チームメイトもクラブもファンもこの街も気に入っている。このクラブを助けたいと思う。周囲の人々を助けたい。チームメイトの勝利を手助けしたい。そのために今はここにいる」とコメントし、今後に向けて意気込んでいる。

 イブラヒモヴィッチとロサンゼルス・ギャラクシーの契約期間は、2年と見られている。その間に自身の勇姿を目につけておくよう、豪快な一言を言い放った。

「君たちは俺がここにいるうちに、俺のプレーを楽しんでおくべきだ」

関連記事(外部サイト)