ローマファンが収監へ…昨季CL準決勝でリヴァプールサポーターに暴力

ローマファンが収監へ…昨季CL準決勝でリヴァプールサポーターに暴力

サポーター同士の衝突による悲しい事件… [写真]=Getty Images

 リヴァプールサポーターが重度のケガを負った事件で、暴力をふるったローマファンのイタリア人に2年半の収監が言い渡された。イギリスメディア『BBC』が24日に伝えている。

 29歳のイタリア人ダニエレ・シスコ氏は4月24日、アンフィールド(リヴァプールの本拠地)で行われたローマとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の観戦に臨むと、試合前にリヴァプールファンと衝突。53歳のアイスランド人ショーン・コックス氏の頭部を負傷させ逮捕、起訴されていた。

 裁判官は当時のビデオ映像などから次のように当時の状況を説明している。

「あなたが参加していた暴力的な衝突の間に被害者の負傷が発生した。あなたとイタリア人グループの行動は、スポーツの楽しい時間を大きく変えた。あなたたちは、ベルトやチェーンなどの武器で武装していた。明らかにリヴァプールファンを脅迫していた」

 また、被害者のコックス氏の医師は、キックオフの約1時間前にスタジアム近くのパブの外でコックス氏が昏睡状態に陥ったことを明らかに。裁判官は「現在、コックス氏は昏睡状態には至っていない」と言及しつつも、彼の状態は「非常に悲惨であった」と付け加えている。

関連記事(外部サイト)