飲酒運転で逮捕のトッテナムGKロリスが謝罪「全責任を負いたい」

フランス代表GKウーゴ・ロリスが飲酒運転で逮捕 ワールドカップロシアで優勝に貢献

記事まとめ

  • トッテナムとフランスのキャプテンを務めるGKウーゴ・ロリスが飲酒運転で逮捕され謝罪
  • 2018 FIFA ワールドカップ ロシアでフランス代表の20年ぶり2度目の優勝に貢献していた
  • ロリスは「全責任を負いたい。これは僕が見せるべきお手本ではないんだ」とコメント

飲酒運転で逮捕のトッテナムGKロリスが謝罪「全責任を負いたい」

飲酒運転で逮捕のトッテナムGKロリスが謝罪「全責任を負いたい」

クラブでも代表でもチームの中心となることが多いロリス [写真]=Getty Images

 トッテナムとフランス代表のキャプテンを務めるGKウーゴ・ロリスが、飲酒運転で逮捕された件に関して謝罪した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日に伝えている。

 2018 FIFA ワールドカップ ロシアでフランス代表の20年ぶり2度目の優勝に貢献していた31歳のロリスは24日、パトロールしていたロンドンの警察官によって車の停止を命じられ、飲酒運転の罪で逮捕された。現在は釈放され、9月11日にウェストミンスター裁判所を訪れる予定。

 ロリスは釈放後、次のように謝罪のコメントを残している。

「家族、クラブ、チームメイト、マネージャー、そしてすべてのサポーターに心から謝りたい。飲酒運転はまったく受け入れられるものではないよ。自分の行動に対して全責任を負いたい。これは僕が見せるべきお手本ではないんだ」

 なお、トッテナムは「クラブはこれを非常に真剣に受け止め、内部でもしっかり対処する」と言及している。

 トットナムはプレミアリーグ開幕戦でニューカッスルに2−1で勝利。第2節のフルハムにも3−1と2連勝を飾っており、27日にはマンチェスター・Uとのビッグゲームを控えている。

関連記事(外部サイト)