「選手の頑張りは尊敬に値する」…池田太監督、選手の健闘を称賛

「選手の頑張りは尊敬に値する」…池田太監督、選手の健闘を称賛

“ヤングなでしこ”をW杯優勝に導いた池田太監督 [写真]=Getty Images

 2018 FIFA U−20女子ワールドカップ フランス決勝が24日に行われ、U−20日本女子代表(ヤングなでしこ)がU−20スペイン女子代表を3−1で下し、U−20 W杯を初制覇した。

 試合後、記者会見に臨んだ池田太監督は次のようにコメント。選手の健闘を称え、今後の成長にも期待した。

「まずはワールドカップで優勝できたことを嬉しく思いますし、本当に選手の頑張りは尊敬に値すると思います。またこの大会の中で、選手個人もチーム全体としても成長がありましたし、本当に良いグループだったと思います」

「ハードワークはディフェンスだけではなく、攻撃のスペースに走ることなどを含めて要求していた。そして選手はゲームの中で実際にやってくれたし、素晴らしかったです」

「フランスの方や、このスタジアムの雰囲気が選手に力を与えてくれた。全体の雰囲気が我々の力になったと思います」

「U−20ではまだ世界一になったことがなかったので、優勝できたことをうれしく思います。育成年代からシニアまで、継続的に日本の女子サッカーが成長していければいいです」

「後ろから数的優位をつくるスペインに対し、プレスをどうかけるかを考えていた。前半はうまくいかなかったが、後半はそこを修正した」

「アジアの中でこれからも力をつけていかなければならない。日本の良さをだして、今後も継続的に積み重ねていかないといけないと思います」

「もちろん今日勝って優勝したが、これから選手たちはさらに成長していきます。このチームの完成という点ではこれからまだまだいいチームなると思います」

関連記事(外部サイト)