バルサ指揮官、昇格組のバジャドリードを警戒「非常に組織的なチーム」

バルサ指揮官、昇格組のバジャドリードを警戒「非常に組織的なチーム」

意気込みを語ったバルベルデ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、25日に行われるリーガ・エスパニョーラ第2節レアル・バジャドリード戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが24日に同監督のコメントを伝えている。

 まず、バルベルデ監督はカンプ・ノウ以外のスタジアムで行われる試合はどれも難しいものになると話した。

「敵地での試合はいつも難しい。彼らはホームの熱狂的な声援を受けて素晴らしいプレーを見せてくるからね。互角の戦いになるだろう」

 次に、バルベルデ監督は対戦相手のバジャドリードに言及。開幕戦でジローナ相手に0−0で引き分けたことを引き合いに出し、高い守備力を誇るチームだと語った。

「バジャドリードは非常に守備が堅い。先週、ジローナ相手に1点も許さず、引き分けに持ち込んだことからも分かるだろう。彼らは非常に組織的なチームだ。コンパクトな守備が特徴的なチームだと思っている」

関連記事(外部サイト)