エメリ監督、様々な批判を受けるエジルをサポート「我々は家族」

エメリ監督、様々な批判を受けるエジルをサポート「我々は家族」

エジル(左)について語ったエメリ監督(右) [写真]=Getty Images

 アーセナルのウナイ・エメリ監督が、ドイツ代表からの引退によって様々な議論が生まれているMFメスト・エジルについて語った。

 エジルは2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後にドイツ代表からの引退を表明。エジルは決断を下した理由として、グループステージ敗退の責任を押し付けられたことや、パフォーマンスと関係のない自身のトルコ系ルーツを批判されたことを挙げていた。エジルの代表引退については様々な意見が生まれており、中にはエジルを批判するものも少なくはなかった。

 このような状況の中、エメリ監督は改めてアーセナルがエジルの“居場所”であることを主張。同時に、サッカー選手という職業は批判と向き合う必要があるという自身の見解を語った。

「エジルを助けるために我々はここにいる。ここが自分の居場所だとエジルに感じてもらうことが我々には必要だ。我々は家族であり、ここは彼の家だ。我々は批判されがちだ。だからこそプロなのだとも言える」

「サッカーの世界では批判は付きものだし、活躍すれば応援してもらえるものだ。だからこそ評判とともに生きていく必要がある。アーセナルにはエジルが必要だし、我々は彼を助けたいと思っている」

関連記事(外部サイト)