7季ぶりCL出場のインテル、積極補強でカンドレーヴァが登録メンバー外か

7季ぶりCL出場のインテル、積極補強でカンドレーヴァが登録メンバー外か

監督の構想外とも言われるカンドレーヴァ [写真]= Getty Images

 インテルに所属するイタリア人MFアントニオ・カンドレーヴァはチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外れる可能性が高いようだ。24日、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

 インテルは昨シーズンのセリエA最終節ラツィオ戦で逆転滑り込みでのCL出場権を獲得。7シーズンぶりのCLの舞台に向けて、今夏にローマから元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、フリーでガーナ代表MFクワドゥー・アサモア、モナコからセネガルFWケイタ・バルデ・ディアオを獲得するなど積極的な補強を行った。

 この状況のなか、カンドレーヴァは先週末に行われたセリエA第1節サッスオーロ戦で出場機会を得られず、新戦力を含めたチーム内での序列が下がっていると報じられている。同紙によると、ルチアーノ・スパレッティ監督の構想外となっているとされ、同監督はCLの登録メンバーとして同選手を考えていないようだ。

 報道によると、インテルは同選手の売却を検討しているものの、本人は残留を希望しているようだ。同選手は新加入選手との競争に強気の姿勢を示しているが、果たしてポジション争いに勝利し出場機会を得ることができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)