「リスクが高まる」…イブラ、人工芝を嫌がり自らメンバー外に

「リスクが高まる」…イブラ、人工芝を嫌がり自らメンバー外に

メンバー外の理由を明かしたイブラヒモヴィッチ [写真]= Getty Images

 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがメンバー外となった理由を明かした。24日、アメリカメディア『ESPN』が報じている。
 
 イブラヒモヴィッチは、今週末のシアトル・サウンダース戦ではメンバー外となっていた。同メディアによるとイブラヒモヴィッチは人工芝のピッチでのプレーを回避するために自ら試合に帯同しないことを伝え、チームもこれを了承したようだ。

 メジャーリーグ・サッカーでは6チームが人工芝を採用しているが、ヒザに不安を抱えるイブラヒモヴィッチは人工芝でプレーするリスクを嫌っているようだ。

「人工芝でプレーするとダメージをうけるリスクがある。普通の試合でもケガするし必ず負傷するとは言わない。だけど、人工芝だとリスクは高くなる。でも、チームがプレーオフまで勝ち上がったら、俺もプレーする。それでもし怪我したなら、そこまでのことだ。状況が違うから俺はリスクを負うよ」

関連記事(外部サイト)