乾貴士、移籍後初先発もゴール奪えず…ベティスはアラベスと引き分け

乾貴士、移籍後初先発もゴール奪えず…ベティスはアラベスと引き分け

移籍後初先発を果たした乾貴士(写真は前節のもの) [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第2節が25日に行われ、乾貴士の所属するベティスは敵地でアラベスと対戦し、0−0で引き分けた。乾は移籍後初の先発出場を果たし、61分までプレーしたが、ゴールを奪うことはできなかった。両チームともに今シーズン初の勝ち点を獲得している。

 次節、9月2日にアラベスはエスパニョールと、ベティスはセビージャと、ともにホームで対戦する。

【スコア】
アラベス 0−0 ベティス

【スターティングメンバー】
アラベス(4−4−2)
パチェコ;アギレガビリア、ラグアルディア、マリパン、ドゥアルテ;イバイ、マヌ、ワカソ、ホニー(87分 パトリック);ソブリーノ(73分 ブルギ)、ボルハ・バストン(64分 グイデッティ)

ベティス(3−6−1)
パウ・ロペス;マンディ、バルトラ、フェダル;フランシス(76分 テージョ)、グアルダード、W・カルヴァーリョ(82分 ブデブス)、カナレス、ジュニオール、乾(61分 サナブリア);ローレン・モロン

関連記事(外部サイト)