久保建英、歴代2位の若さで待望のJ1初得点…トーレスは1得点2アシスト!/J1第24節

久保建英、歴代2位の若さで待望のJ1初得点…トーレスは1得点2アシスト!/J1第24節

久保(左)は移籍後初先発で早速ゴールを決めた [写真]=J.LEAGUE、Getty Images

 24日から26日にかけて行われた明治安田生命J1リーグ第24節で活躍した3人の選手を紹介する。

都倉賢

生年月日:1986年6月16日(32歳)
身長・体重:187cm・80kg
出身地:東京都

所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌
ポジション:FW
背番号:9
利き足:左
経歴:キンダー善光SC→横浜F・マリノスJrユース菅田→川崎フロンターレU−18→川崎フロンターレ→ザスパ草津→ヴィッセル神戸→北海道コンサドーレ札幌

第24節:清水エスパルス 1−2 北海道コンサドーレ札幌



OGで清水に先制点を献上したものの、宮澤裕樹と都倉賢の得点で逆転勝利。札幌は2連勝で4位に浮上した。武器の左足を振り抜き決勝点をマークした都倉は、J1では初めての2桁得点を達成。さらにこの一発でバルデス(1997〜1998)が持つクラブ記録の通算得点数「70」に並んだ。今季の開幕戦と第2節はベンチ入りを果たすも出番なし。厳しい状況が続く中、第5節の鹿島戦でスタメンに返り咲くと、第6節の名古屋戦から3試合連続得点を記録。中断明け以降も5得点と好調を維持し、上位躍進の原動力となっている。クラブ記録を更新するのも時間の問題だろう。

久保建英

生年月日:2001年6月4日(17歳)
身長・体重:173cm・67kg
出身地:神奈川県

所属クラブ:横浜F・マリノス
ポジション:MF
背番号:15
利き足:左
経歴:バルセロナ(スペイン)→FC東京U−15むさし→FC東京U−18→FC東京→横浜F・マリノス

第24節:ヴィッセル神戸 0−2 横浜F・マリノス



「自分がもっと成長するためには、新たなチャレンジが必要」と、今夏FC東京から横浜FMへの移籍を決断。今季序盤はチャンスに恵まれず、計4試合の途中出場にとどまっていたが、ついに今季J1初スタメンのチャンスが訪れる。そして迎えた56分、ピッチ中央でボールを持つと右サイドの松原健に展開。ゴール前で松原の折り返しを受けると、落ち着いたボールコントロールから左足でシュートを突き刺した。久保にとっては待望のJ1初ゴール。移籍後初先発ですぐさま結果を出してみせた。なお、17歳2カ月22日での得点は森本貴幸に次いで、J1リーグ史上2番目の若さとなっている。

フェルナンド・トーレス

生年月日:1984年3月20日(34歳)
身長・体重:186cm・78kg
出身地:スペイン

所属クラブ:サガン鳥栖
ポジション:FW
背番号:9
利き足:右
経歴:アトレティコ・マドリード→リヴァプール→チェルシー→ミラン→アトレティコ・マドリード→サガン鳥栖

第24節:サガン鳥栖 3−0 ガンバ大阪



22日に行われた天皇杯4回戦で鳥栖移籍後初ゴールを記録し、迎えた17位G大阪との“裏天王山”。後半立ち上がりの48分に自らの落としで小野裕二の先制点をお膳立てすると、続く59分には金崎夢生の移籍後初ゴールをラストパスで演出。そして、ベアスタに集まった鳥栖サポーター歓喜の瞬間は終了間際の86分に訪れる。右サイドでボールを持った福田晃斗のクロスを頭で合わせ、J1出場8試合目にして待望の初得点を挙げた。トーレスは先発フル出場を果たし、1得点2アシストの大活躍。順位は依然として16位だが、価値ある3ポイントを手にし、トーレスも「完璧な試合だった」と満足気な表情を見せた。

関連記事(外部サイト)