エジル、ウェストハム戦欠場は体調不良が原因…指揮官が衝突を否定

エジル、ウェストハム戦欠場は体調不良が原因…指揮官が衝突を否定

ウェストハム戦を欠場したエジル [写真]=Action Plus via Getty Images

 25日のプレミアリーグ第3節で、アーセナルはウェストハムを3−1で下し、今シーズン初勝利を挙げた。この試合では元ドイツ代表MFメスト・エジルが欠場となっていたが、ウナイ・エメリ監督は体調不良が原因だと明かしている。

 10番を背負うエジルは、開幕から2試合続けて先発出場を果たしていたものの、ウェストハム戦はベンチ外となった。一部ではエメリ監督との衝突が伝えられていたが、同監督はこれを明確に否定している。

「なぜそんな情報が? そんな情報は事実ではない。事実を伝えてもらわなければならない。どこから聞いた話だか知らないが…。私に聞いてもドクターに聞いてもいいが、エジルは昨日体調が悪かった。ドクターと私に相談したうえで、プレーしないことを決めた」

「練習場を後にしたのは、体調不良で帰宅するためだ。今日は調子が良くなったのなら試合を観に来ればいいと伝えていた。実際に良くなったようなので、試合前にはチームと一緒にいた」

 エメリ監督はこのように話し、体調不良による欠場であったことを強調した。9月2日の第4節・カーディフ戦では、再びピッチでエジルの姿を見れそうだ。

関連記事(外部サイト)