試合中に倒れて救急搬送…鳥栖が小林祐三の症状を報告、熱中症で入院

サガン鳥栖のDF小林祐三が試合中に倒れて救急搬送 ガンバ大阪戦は3−0で快勝

記事まとめ

  • サガン鳥栖とガンバ大阪戦が26日に行われ、鳥栖のDF小林祐三がピッチ上で倒れた
  • 小林は救急搬送され、熱中症のため入院していることが、公式HPにて報告された
  • 26日の試合は鳥栖が3−0でG大阪を破り、勝ち点を「25」に伸ばしている

試合中に倒れて救急搬送…鳥栖が小林祐三の症状を報告、熱中症で入院

試合中に倒れて救急搬送…鳥栖が小林祐三の症状を報告、熱中症で入院

昨季から鳥栖でプレーしている小林祐三 [写真]=Getty Images

 サガン鳥栖は27日、DF小林祐三の負傷経過について公式HPにて報告した。

 小林は26日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節のガンバ大阪戦にて先発出場したものの、口元を押さえてピッチ上にうずくまった。42分に途中交代となっていた。

 鳥栖は小林の経過について、以下のように報告している。

「試合中のピッチ上で小林祐三選手が倒れ、その後、鳥栖市内の病院へ救急搬送されました。熱中症の症状が見られましたが、現在症状は落ち着いてきております」

「検査の上、念のため本日は入院し経過観察となります。経過につきましては改めてお知らせ致します」

 鳥栖はG大阪を3−0で破り、今季6勝目(7分け11敗)で勝ち点を「25」に伸ばした。現在16位で、17位以下との差は4ポイントに開いている。次節は9月2日、FC東京とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)