蘭代表ストロートマン、酒井宏樹の同僚に? マルセイユ加入で合意か

蘭代表ストロートマン、酒井宏樹の同僚に? マルセイユ加入で合意か

2013年からローマでプレーしているストロートマン [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ローマに所属するオランダ代表MFケヴィン・ストロートマンが、日本代表DF酒井宏樹のマルセイユへ加入する可能性が高まっているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が26日に報じている。

 報道によると、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が「交渉は進んでいる」と、ストロートマンのマルセイユ加入について言及。「ケヴィンの交渉は進行中だ。まだ決まってはいないが、話をしている」と、交渉中であることを認めたという。なお今回の報道では、ストロートマンがすでにマルセイユ加入で合意に至っているとも伝えられている。

 なお、インテルがストロートマンの獲得を狙っていると報じた5月15日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、同選手の獲得に要する契約破棄金は3200万ユーロ(約41億6000万円)に達する模様だ。

 ストロートマンは1990年生まれの28歳。2013年からローマでプレーしている。昨シーズンはセリエAで32試合出場1得点を記録。今シーズンのセリエA開幕戦でも先発メンバーに名を連ね、フル出場で勝利に貢献している。

関連記事(外部サイト)