J3秋田、主将DF山田尚幸が右足腓骨骨折で離脱…今季J3で18試合出場

J3秋田、主将DF山田尚幸が右足腓骨骨折で離脱…今季J3で18試合出場

秋田のキャプテンを務めている山田尚幸(写真は昨季) [写真]=Getty Images for DAZN

 ブラウブリッツ秋田は27日、DF山田尚幸が右足腓骨骨折と診断されたと発表した。全治は3カ月と発表されている。

 山田は1987年生まれの30歳。2013年から秋田でプレーし、昨季は明治安田生命J3リーグで全32試合中29試合に出場した。キャプテン就任3年目の今季はJ3第20節終了時点で18試合に出場している。

 秋田は明治安田生命J3リーグ第20節を終えて8勝3分け8敗、勝ち点「27」で8位。次節は9月2日、グルージャ盛岡をホームに迎える。

関連記事(外部サイト)