岩崎悠人が2得点! U−21日本代表、サウジに競り勝ち2大会ぶりのベスト4進出

【アジア競技大会】U-21日本代表、サウジアラビアに競り勝ち4強へ 岩崎悠人が2得点

記事まとめ

  • アジア大会・準々決勝が行われ、U-21日本代表がサウジアラビアと対戦した
  • 戦した スタメンは、大南拓磨、杉岡大暉、前田大然、立田悠悟、小島亨介、岩崎悠人ら
  • 岩崎悠人が2得点を決め、2-1で日本は2大会ぶりにベスト4へと駒を進めた

岩崎悠人が2得点! U−21日本代表、サウジに競り勝ち2大会ぶりのベスト4進出

岩崎悠人が2得点! U−21日本代表、サウジに競り勝ち2大会ぶりのベスト4進出

2得点を決めた岩崎悠人 [写真]=Getty Images

 第18回アジア競技大会・準々決勝が27日に行われ、U−21日本代表とU−21サウジアラビア代表が対戦した。

 日本は24日に行われたラウンド16・マレーシア戦からスタメンを1名変更。 原輝綺に代わり、大南拓磨が起用された。

 31分、杉岡大暉のアーリークロスを最前線の前田大然が収めると、落としを受けた岩崎悠人が狙いすましたシュートを放つ。これがゴール左隅に突き刺さり、日本が先制する。しかし39分、アブドゥラー・アルユシフのシュートをGK小島亨介がストップするも、弾いたボールが立田悠悟に当たってゴールイン。前半は1−1で折り返す。

 後半に入り73分、前田大然が持ち味のスピードで左サイドを突破。折り返しを岩崎が決めて、日本が勝ち越しに成功した。

 試合は2−1で終了。日本が2大会ぶりのベスト4進出を決めた。準決勝は29日、UAE対朝鮮民主主義人民共和国の勝者と対戦する。

【スコア】
U−21日本代表 2−1 U−21サウジアラビア代表

【得点者】
1−0 31分 岩崎悠人(日本)
1−1 39分 オウンゴール(立田悠悟/サウジアラビア)
2−1 73分 岩崎悠人(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3−4−2−1)
小島亨介:大南拓磨、立田悠悟、板倉滉:長沼洋一(57分 遠藤渓太)、杉岡大暉、松本泰志、渡辺皓太:岩崎悠人、旗手怜央(60分 三好康児):前田大然(83分 上田綺世)

関連記事(外部サイト)