トッテナム指揮官、モウリーニョとの過去の対戦で「多くのことを教わった」

トッテナム指揮官、モウリーニョとの過去の対戦で「多くのことを教わった」

スペイン時代にも対戦経験があるポチェッティーノ監督(左)とモウリーニョ監督 [写真]=Real Madrid via Getty Images

 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、プレミアリーグ第3節で対戦するマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督についてコメントを残した。27日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 開幕連勝スタートのトッテナムは、前節ブライトンに惜敗したマンUをホームに迎える。ポチェッティーノ監督は、マンUを率いるモウリーニョ監督に対して「私は彼から多くのことを学んだ。私より若い監督も彼から多くを学んでいる」とコメント。さらに「今の若い監督全員に影響を与えている監督だ」敬意を表した。

 また、モウリーニョ監督がレアル・マドリードを率いていた2010年から2012年までポチェッティーノ監督はエスパニョールで監督を務めておりスペインの舞台で両指揮官は対戦経験がある。その当時を振り返ったポチェッティーノ監督は「スペインで監督をやっていた時からモウとは非常に良い関係にある。彼のことは本当に尊敬してるよ」と語った。トッテナムとマンUの一戦は28日の日本時間4時からキックオフする。

関連記事(外部サイト)