レスターDFマグワイア、残留を決めたクラブにコメント「決断を尊重する」

レスターDFマグワイア、残留を決めたクラブにコメント「決断を尊重する」

クラブへの忠誠を誓ったマグワイア [写真]= Getty Images

 今夏移籍の噂が囁かれていたレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアが、残留が決まったクラブにコメントしている。イギリスメディア『フォー・フォー・トゥー』が報じた。

 マグワイアは、2018 FIFAワールドカップ ロシアにイングランド代表として参加し全8試合に出場。チームの4位進出に大きく貢献した。

 大活躍したマグワイアには、マンチェスター・Uが獲得に動いていると報じられていた。しかしレスターはマンチェスター・Uのオファーを拒否し、マグワイアの残留が決定している。

 開幕から3試合連続でフル出場を果たしているマグワイアは、今夏浮上した移籍についてコメント。クラブへの忠誠を誓った。

「誰のためでも、レスターのためでも、僕はピッチに向かいたい。ロシアで僕らが良い結果を残してから、夏は常に関心を持たれていた。でも、クラブのオーナーは僕が売りに出されていないことを繰り返していたし、僕は彼らの決断を尊重するよ」

「このクラブは僕にプレーする機会を与えてくれた。より良いクラブが候補として挙がっても、僕はクラブの決断を尊重する。僕の心は完全にレスターのものだ。僕はここに戻ってきてから、本当に感銘を受けた。レスターに今回加わった選手は本当に上手くフィットしているように感じるし、僕たちは上手くやれると思う」

「僕は野心的な選手だし、このチームは本当に良い。タレントも集まっている。もし一緒にプレーできれば、今年は大きな力を得られるだろう」

関連記事(外部サイト)