厳しいタックルを受けるアザール「プレミアでは日常だが、不平は言わない」

厳しいタックルを受けるアザール「プレミアでは日常だが、不平は言わない」

厳しいタックルを受けるアザール [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、自身が受けるタックルについてコメントした。28日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 プレミアリーグ第3節が26日に行われ、ニューカッスルとチェルシーが対戦。チェルシーが2−1で競り勝ち、開幕3連勝を達成した。PKを決めて先制点をもたらしたアザールだが、出場する多くの試合で手厳しいタックルを受けており、同試合も例外ではなかった。

 アザールは「プレミアリーグでは厳しいファウルが行われるのは日常だ。それは毎週末変わらない。ただ僕は不平を言わない。僕は自分のプレーをしようとし、相手もボールを持てばタックルを受けるので、文句はない。相手はただよりよくプレーしようとしているだけだ。試合後はうんざりしたが、いまは勝利とゴールに満足している」とコメントした。

関連記事(外部サイト)