ホームでプレミア通算50敗を喫したマンU…32%がファーガソン氏退任後

ホームでプレミア通算50敗を喫したマンU…32%がファーガソン氏退任後

開幕3試合で2敗と不振のマンチェスター・U [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがホームでプレミアリーグ通算50敗を喫した。

 27日にホームでトッテナムと対戦したマンチェスター・U。前半は試合を支配していたものの、決定機を決められずにスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりに立て続けに得点を奪われ、終盤にもダメ押しの3点目を許し、0−3で完敗した。

 データ会社『Opta』によると、この敗戦でマンチェスター・Uは1992年にプレミアリーグが設立されて以降、ホームで通算50敗目を記録。この50敗中、マンチェスター・Uの伝説的監督として知られるサー・アレックス・ファーガソン氏が退任した2013−14シーズン以降に16敗を喫しており、その割合は32パーセントを占めている。

 ファーガソン氏が率いたプレミアリーグの21シーズンではわずか34敗にとどまっていた一方、同氏退任後6シーズン目のホーム2戦目で16敗に達してしまった。

 ファーガソン政権以降は、デイヴィッド・モイーズ氏が就任1年目のシーズン途中で解任され、ライアン・ギグス氏(暫定監督)がシーズン終了まで引き継いだ。翌シーズンからはルイ・ファン・ハール氏を新指揮官に招へいしたが、わずか2年で解任されるなど、短命政権が続いている。

 現在マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、27年間にわたり同クラブの指揮を執ったファーガソン氏のように長期政権を目指していることを明かしている。しかし、同氏の退任以降では最長となる3年目を迎えた今シーズンは、開幕3試合で1勝2敗と厳しい船出となってしまった。

関連記事(外部サイト)