華麗な足元のテクニックを披露したGKアリソン「それも試合の一部」

華麗な足元のテクニックを披露したGKアリソン「それも試合の一部」

3試合連続クリーンシートを達成しているアリソン [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するブラジル代表GKアリソンが、話題となっているプレーについて振り返った。27日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 25日に行われたプレミアリーグ第3節でブライトンと対戦したリヴァプール。前半23分のモハメド・サラーのゴールを守り切り、1−0で勝利を収め、3試合の連続クリーンシート(無失点)で開幕3連勝を達成した。

 同試合で話題となっているのは、味方からのバックパスを受けたアリソンが前方へ大きく蹴り出すと見せかけて、ボールの下をすくい上げるようなチップキックを披露し、詰め寄ってきた相手をかわした場面。巧みなボールコントロールを見せ、冷静に味方へとパスを繋いだことでファンを沸かせた。

 このプレーについてリヴァプールのユルゲン・クロップ監督は試合後、「監督にとってはクールではない。上手くいけばいいけれどもね」と振り返ったが、アリソン自身は試合では起こり得ることだと語った。

「ビルドアップからチームを助けようと全力を尽くしている。もし、いつかドリブルをするような場面があれば、慎重に行うよ。リスクが高すぎる時もあるかもしれないが、それも試合の一部だよ。ミスは起きるかもしれない。でも、僕たちは試合で正しくプレーできるように、毎週厳しい練習をしている」

 また、開幕から3試合連続でクリーンシートを達成したことについては、「自分の貢献もあるが、自分が一番に影響を与えているわけではない。ゴールを許さなければ、勝ちに近づくことができる。それは自分たちの攻撃がとてもいいということだからね」とコメントし、次のように続けた。

「素晴らしい環境のクラブにいることができて、とても心地よく思っている。誰もが勝つために同じ方向を向いている。僕たちはこの道を続けていかなければならない。プレミアリーグはタフで競争力があるからね」

関連記事(外部サイト)