サッリ監督、キャプテンのケーヒルについて「重要な選手ではあるが…」

サッリ監督、キャプテンのケーヒルについて「重要な選手ではあるが…」

チェルシーではキャプテンを務めるケーヒル [写真]=Getty Images

 チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、イングランド代表DFガリー・ケーヒルを重要な選手だとコメントした。イギリス紙『テレグラフ』が27日に伝えている。

 現在32歳のケーヒルは、2012年1月にボルトンからチェルシーに加入。プレミアリーグ優勝や、チャンピオンズリーグ優勝、ヨーロッパリーグ優勝など多くのタイトル獲得に貢献した。ケーヒルはチームのキャプテンを任されたものの、2017−18シーズンのリーグ戦出場回数は27試合と限られてしまった。今シーズンのプレミアリーグでも、出場機会はなし。今夏には、マンチェスター・Uなどへの移籍が噂されていた。

 しかし、サッリ監督は「ケーヒルは非常に重要な選手だ。だが、彼にとって辛抱しなければいけない時期であることは伝えた」とコメント。また、出場機会がないことについては「まだ私のチームでプレーできる状況ではない。わずか20日しかトレーニングをしていないからね。オフェンスよりディフェンスの選手は馴染むのに苦労する。彼は私たちと多くの守備練習をこなす必要がある」と語った。

関連記事(外部サイト)