ヴァーディー、イングランド代表引退…サウスゲート監督も了承済みか

ヴァーディー、イングランド代表引退…サウスゲート監督も了承済みか

代表引退が報じられるヴァーディ [写真]= Getty Images

 レスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが代表引退を決断したようだ。28日、イギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 現在31歳の同選手はイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督にすでに伝えて了承を得ているようだ。同紙によると、引退の理由として“年齢”や“家族と過ごす時間を増やしたい”といった理由を始め、多くの要因があるようだ。

 またサウスゲート監督はヴァーディに怪我人等による緊急事態の場合は招集に応じるよう説得し、同選手はそれを容認したという。

 ヴァーディは2015―16シーズンにはレスターの優勝に大きく貢献。2018 FIFAワールドカップ ロシア でもイングランド代表として出場し、3位決定戦まで上り詰めるなど躍進を果たしている。

関連記事(外部サイト)