UEFA会長「レアルは制裁を待っていない」…ネイマール、ムバッペ移籍はなしか

UEFA会長「レアルは制裁を待っていない」…ネイマール、ムバッペ移籍はなしか

レアル会長のぺレス氏とUEFA会長のチェフェリン氏 [写真]=Getty Images

 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、パリ・サンジェルマンのファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反についてコメントした。28日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在、パリ・サンジェルマンは、UEFA制定のFFP違反が指摘され、最終決定を待っている。仮に、違反の制裁を受けた場合、高額で獲得した選手らの売却が必要になる。

 当初は30日に決定が下され、レアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラの移籍市場が閉まる31日までに獲得に動くと報道されていた。しかし、決定は延期されることになったため、名前が挙がっていたブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得は困難だとみられている。

 チェフェリン会長は「パリ・サンジェルマンへの決定は延期されることになった。ただ、レアル・マドリードが我々の決定を待っている真実はない」とコメントした。

関連記事(外部サイト)