サガン鳥栖社長、社員逮捕を受けて謝罪「社会的な責任を重く受け止める」

サガン鳥栖社長、社員逮捕を受けて謝罪「社会的な責任を重く受け止める」

サガン鳥栖が声明を発表

 サガン鳥栖は28日、「弊社社員の逮捕に関するお詫び」と題した声明を公式HPに掲載した。

 鳥栖は「弊社社員が2018年8月28日(火)、準強制わいせつ容疑にて逮捕されました。被害者の方、関係の皆様に深くお詫び申し上げます」と報告。同日夜に本拠地ベストアメニティスタジアムにて記者会見を実施した。

 会見を終え、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役社長を務める竹原稔氏の署名入りで公式HPに以下のような謝罪文が掲載された。

「このたび、弊社社員が2018年8月28日(火)、準強制わいせつ容疑にて逮捕されました。まずは被害に遭われた女性に対して深くお詫び申し上げます。また、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」

「そして、日ごろからサガン鳥栖にご声援を頂いているファン・サポーターの皆様、ご支援いただいている株主、スポンサー、地元自治体の皆様をはじめとする多くの関係者の皆様に対して、多大なるご迷惑をおかけし、お騒がせいたしましたことを深くお詫び申し上げます」

「今回の件について、社会的な責任を重く受け止めると共に、皆様方の信頼を著しく失墜させる極めて許しがたい行為と考えております。今後、確認される事実に基づいて、速やかに、弊社社員の処分について厳正に対処して参りますとともに、服務規律の遵守およびコンプライアンスに関する意識を徹底し、皆様の期待に応えられるよう誠心誠意努めて参ります。皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。皆様にはどうかこれからもお引き立ていただきますよう心よりお願い申し上げます」

関連記事(外部サイト)