開幕戦デビューの久保裕也、地元メディアが高評価「チームを強化できる」

開幕戦デビューの久保裕也、地元メディアが高評価「チームを強化できる」

ブンデス開幕戦でフル出場を果たした久保裕也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 25日に行われたブンデスリーガ開幕戦のヘルタ・ベルリン戦でフル出場を果たしたニュルンベルクの日本代表FW久保裕也。加入後早々、左サイドで存在感を発揮した同選手に地元メディアの期待も高まっているようだ。

 28日付の地元紙『ニュルンベルガー・ツァイトゥング』は、選手採点を掲載。久保はチーム最高点タイの「3」(6段階評価、最高点は1)を与えられた。「日本人選手が創造的な司令塔になる可能性を見て取れる。サイドには彼にとって自由なスペースがなく、パスの送り先がないことも頻繁にあった」と指摘されており、最適なポジションを見つけることが急務とされているようだ。

 また、同紙はさらなる攻撃陣の補強も不可欠だと指摘。新戦力に求められる条件は「久保のような選手」だという。同紙は、わずか4日間の練習で順応してみせた久保の適応力を高く評価。「容易にチームに溶け込み、高い攻撃力を備え、すぐにチームを強化できる」存在と久保を形容し、さらなる補強選手にも同じ特長が求められるという。

 久保の獲得交渉を進めたマネージャーのアンドレアス・ボルネマン氏は、「久保はウイングの選手ではないが(それにも関わらず)彼がチームを助けてくれることはすぐに見て取れたはずだ」と期待通りの能力を示したことに満足していると明かした。今後は、中央のポジションで起用することも示唆している。

 新天地で上々のスタートを切った久保。今後、さらなる活躍に期待がかかる。

関連記事(外部サイト)