アンリ氏、バルサ時代の指揮官ペップを称賛「30歳でまたサッカーを習った」

アンリ氏、バルサ時代の指揮官ペップを称賛「30歳でまたサッカーを習った」

バルサ時代にペップのもとでプレーしていたアンリ氏 [写真]=Getty Images

 元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏が、バルセロナ所属時代の恩師であるジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・C監督)を称賛した。スペイン紙『マルカ』が28日に伝えている。

 アンリ氏はグアルディオラ監督の下で「サッカーをどうプレーするか再び学んだ」という。「監督のメソッドは、30歳というベテランの域に達した選手でも何か新しいことを習得し、その後も高いレベルでプレーできることを保証した」

 2007-08シーズンにバルセロナに加入したアンリ氏は、翌シーズンに指揮官に就任したグアルディオラ監督の下で2度のリーガ・エスパニョーラ制覇とチャンピオンズリーグ優勝を果たしている。

関連記事(外部サイト)