U−21日本代表、2大会ぶりの決勝進出! 9月1日、優勝懸けて韓国と激突へ

U−21日本代表、2大会ぶりの決勝進出! 9月1日、優勝懸けて韓国と激突へ

U-21代表2大会ぶり決勝進出

U−21日本代表、2大会ぶりの決勝進出! 9月1日、優勝懸けて韓国と激突へ

右サイドで出場した初瀬亮 [写真]=Getty Images

 第18回アジア競技大会・準決勝が29日に行われ、U−21日本代表とU−21UAE代表が対戦した。

 サウジアラビア戦から中1日で準決勝に臨む日本はスタメンを4名変更。原輝綺、神谷優太、初瀬亮、遠藤渓太が先発に名を連ねた。準々決勝ではキャプテンマークを巻いた板倉滉は出場停止のため、GK小島亨介が主将を務める。

 前半をスコアレスで折り返すと、78分にスコアが動く。左サイドからのクロスは一度クリアされたが、渡辺皓太が高い位置で身体を投げ出しボールを奪う。途中出場の上田綺世へラストパスを送ると、上田がゴール右隅にシュートを決めた。

 試合は1−0で終了。日本が2010年以来、2大会ぶりの決勝へ駒を進めた。決勝は9月1日20時30分から、ソン・フンミン(トッテナム)ら擁する韓国代表と対戦する。

【スコア】
U−21日本代表 1−0 U−21UAE代表

【得点者】
0−1 78分 上田綺世(日本)

【スターティングメンバー】
日本(3−4−2−1)
小島亨介:原輝綺、立田悠悟、杉岡大暉:渡辺皓太、神谷優太(82分 松本泰志)、初瀬亮、遠藤渓太:岩崎悠人、旗手怜央(64分 上田綺世):前田大然

関連記事(外部サイト)