モウリーニョ、次節のバーンリー戦に敗戦すれば解任か…英紙が報道

モウリーニョ、次節のバーンリー戦に敗戦すれば解任か…英紙が報道

モウリーニョ監督は今シーズン早くも2敗目となる [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は次節に行われるバーンリー戦に敗戦した場合、解任を強いられる可能性があるという。29日にイギリス紙『メール』が報じた。

 プレミアリーグ第3節に行われたトッテナム戦でマンチェスター・Uはホームで0−3の完敗となり、2連敗を記録することとなった。この状況を受けて、モウリーニョ監督解任の噂が浮上し始めた。

 さらに、フランス代表MFポール・ポグバとの関係や今夏の移籍市場で守備陣の補強失敗など複数の理由があり、クラブオーナーや幹部らとの関係も悪化していると伝えられている。

 同紙によると、次節のバーンリー戦に敗れた場合、モウリーニョ監督の解任の噂が本格化するとのこと。この状況はルイ・ファン・ハール元監督が2016年に解任された時と似たものがあるという。

関連記事(外部サイト)