ピケ、古巣マンU復帰を否定…ライバルを称賛「マンCらは警戒が必要」

ピケ、古巣マンU復帰を否定…ライバルを称賛「マンCらは警戒が必要」

ピケはマンチェスター・Uについて語った [写真]=Getty Images

 バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケはかつて所属していたマンチェスター・U復帰を否定すると同時に、他のプレミアリーグクラブを賞賛した。29日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 ピケは2004−05から07−08シーズンまでマンチェスター・Uで過ごした。しかし、同選手は出場機会を得ることが困難となり、バルセロナへの復帰を果たした。

 同選手はマンチェスター・U復帰について次のように語った。

「バルセロナは僕の家であり、家族である。今後もこのクラブに残留して多くの優勝トロフィーを掲げたいと思う。(マンチェスター・Uに)戻ることはないと思うよ。ここで幸せだ」

 さらに、ピケはマンチェスター・Uのライバルクラブであるマンチェスター・Cやリヴァプールを称賛した。

「リヴァプールとマンチェスター・Cは違う種類のサッカーをしている。(ユルゲン・)クロップ監督はカウンターを重視しているようだが、(ジョセップ・)グアルディオラ監督はポゼッションを好む。両者共に警戒すべきチームだ」

関連記事(外部サイト)