さくらももこさん悼み喪章をつけてピッチへ…清水が横浜FM下し6試合ぶりの白星

さくらももこさん悼み喪章をつけてピッチへ…清水が横浜FM下し6試合ぶりの白星

金子は今季9得点目 [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第18節の延期分が29日に行われ、横浜F・マリノスと清水エスパルスが対戦した。

 開始2分、横浜FMはCKを今夏新加入のドゥシャンが合わせると、このボールが清水FWクリスランに当たってゴールイン。対する清水は27分、左サイドを突破した松原后のグラウンダーのクロスを金子翔太が決めて、清水が同点とする。後半に入り49分、清水はショートコーナーを選択すると金子がクロス。ファーサイドのドウグラスが胸トラップから豪快なシュートを突き刺し、逆転に成功した。

 試合は1−2で終了。クラブと親交があった「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんを悼み喪章をつけてプレーした清水は6試合ぶりの勝利。横浜FMは2試合ぶりの黒星となった。次節は1日、横浜FMはホームで柏レイソル、清水はアウェイでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 1−2 清水エスパルス

【得点者】
1−0 2分 ドゥシャン(横浜FM)
1−1 27分 金子翔太(清水)
1−2 49分 ドウグラス(清水)

【スターティングメンバー】
横浜FM(3−4−3)
飯倉大樹:ドゥシャン、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔(63分 ユン・イルロク):喜田拓也、天野純、イッペイ・シノヅカ(86分 伊藤翔)、山中亮輔:大津祐樹、久保建英(56分 仲川輝人)、ウーゴ・ヴィエイラ

清水(4−4−2)
六反勇治:飯田貴敬(86分 水谷拓磨)、ファン・ソッコ、フレイレ、松原后:白崎凌兵、河井陽介、石毛秀樹、金子翔太(75分 兵働昭弘):クリスラン(18分 北川航也)、ドウグラス

関連記事(外部サイト)