ルディがシャルケ移籍を決断した理由とは? 「ファンの雰囲気が好き」

ルディがシャルケ移籍を決断した理由とは? 「ファンの雰囲気が好き」

シャルケに完全移籍したドイツ代表MFルディ [写真]=Getty Images

 バイエルンからシャルケに加入したドイツ代表MFセバスティアン・ルディが、移籍を決断した理由について語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が30日に伝えている。

 現在28歳のルディは、シュトゥットガルトの下部組織出身で2008年にプロデビュー。2017年にバイエルンへ加入したが、出場機会の確保に苦しんでいた。今夏にシャルケへの完全移籍が発表され、移籍金は1600万ユーロ(約20億9000万円)と推定されている。

 ルディは、移籍を決断した理由について「クラブからとても熱心に誘ってもらった。それと、シャルケファンの雰囲気が好きなんだ。シャルケと試合をするときは、常に凄まじい熱気を感じていたよ」とコメント。また、チームについては「とても温かく迎え入れてもらったよ。これまではポジティブな経験しかしていない。これが続くといいね」と、前向きな言葉を残した。

関連記事(外部サイト)